極厚製缶 溶接品 開先取り(ガス切断)

極厚板を使った製品になります。
220mm厚の板を使いました。
溶接前加工にて、6F(6面面加工)を実施し、板厚210mmにします。
同時に、BT(深穴加工)も実施しました。
深さは430mmあり、穴径φ100となります。

仮組途中ですが、極厚板の存在感が大きいです。
尚、下にある板は板厚50mmあります。
板厚が薄く見えますが実際は厚板です。

6F及びBTを施した部材(210mm板)に開先を作りました。

ガス切断にて開先を作りました。
部材は異なりますが、開先取りの様子が以下になります。

ガス切断後に仕上げを行うと下図のようになります。


前準備もしっかり行うことで、精度がでる品物を作れると感がています。

溶接外観の画像です。


脚長13mm、15mm、6mmの混在となります。
製品全体画像は掲載できませんので、ご了承願います。

製品重量 2000kgほどの品物でした。
溶接後に、熱処理・ショットブラストを実施しました。

極厚板を使った製品製作・製缶・溶接なら
大田区羽田の有限会社三和製罐にご相談ください。
(お問い合わせはこちらから)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。