ポジショナー導入しました

ポジショナー導入しました。
随分前から欲しいと思ってましたが、ついに導入。

マツモトのポジショナー。一番小さいサイズ。

昔は山川製のポジショナーを持ってましたが、
大きすぎたため、使う頻度が少なかったです。
出すのにクレーンで吊り上げてましたので使うまでが億劫でした。

今回は小型なので、手で持てる。移動も楽。
この機械で丸物溶接の数物が楽に出来るようになりました。

ビード外観です。
ポジショナーを使う前は、手首の稼働範囲だけ溶接。一度スパークを止めて、品物を回転させ再スタートさせてました。
小径の製品だと繋ぎ目が多数になるし、手首の返しが頻繁でかなり厳しい状態でした。
下の画像がポジショナーなし。

繋ぎ目とビードがどうしても安定しなかったです。
ポジショナーを使えば、こーなります。

パイプや丸物の溶接作業が楽に出来るようになりました。

丸物 パイプ フランジを使った製品製作・製缶・溶接なら
大田区羽田の有限会社三和製罐にご相談ください。
(お問い合わせはこちらから)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。