鋳物品を製缶品へ フレーム

フレームになります。
元々は鋳物品でしたが、今回は製缶での製作となりました。
図面は鋳物図面のままでしたので、弊社にて材料取り(パーツ図を作成)し、製作致しました。

素材 SS
板厚 45mm 36mm 25mm混在及び肉厚丸パイプ
重量 1500kg
熱処理・ショットブラストまで。

鋳物図面品を製缶品へ移行する際には、
・板厚の選定(既存板と合致するよう板厚を選定する)
・板の組みの方向を判断する
・溶接ビードサイズの打合せ
・端面の処理(R付きなど)
などを考慮する必要があります。

今回は丸投げでしたので、弊社にて判断し、客先様の合意を得てから製作いたしました。

鋳物品を製缶品へ変更・製作・製缶・溶接なら
大田区羽田の有限会社三和製罐にご相談ください。
(お問い合わせはこちらから)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。