ボートパーツ 船 部品 船首手すり バウパルピット 溶接

ボートの補修依頼
バウパルピット(船首部分の手すり)と呼ばれるらしいです。

弊社ではなく、他所さんで製作したみたいです。
溶接個所を拝見すると惨いことになっていました。

フランジの裏側のみ溶接してありました。表側(隅肉)は溶接してありませんでした。
多分ですが、半自動溶接で行ったと思います。スパッタがパイプ内部に残っているので。
このパイプは肉厚1.5mmでした。フランジは3.0mm。
弊社で実施するならば、間違いなくTIG溶接で行います。

今回のご依頼は、 <これでは怖くて寄りかかれないから補修して欲しい> とのことです。

表側(隅肉)を溶接しました。

  

パイプ同士の繋ぎ部分も怪しい感じだったので、溶接して滑らかに仕上げました。

全ての個所を実施し完成

船(ボード)への取りつけはオーナー様が実施でした。

後日、コーナーパルピット(後ろ側の手すり)も補修することになりました。

ボートパーツ 手摺り 製品製作なら
大田区羽田の有限会社三和製罐にお任せください。
(お問い合わせはこちらから)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。